傷跡(手術跡・リストカット・根性焼き・火傷・内視鏡検査跡)|ジョウクリニック
傷跡(手術跡・リストカット・根性焼き・火傷・内視鏡検査跡)
これまで難しいとされていた傷跡(手術跡・リストカット・根性焼き・火傷・内視鏡検査跡)が、専用レーザーで治療する事が出来るようになりました。
これまでは手術で植皮したり切除する方法でしか治療できず、またその方法では手術跡がはっきりと残ってしまう事が多かったため、満足のいく治療が実現できませんでした。そのために多くの方が治療を諦めてしまい、なかには例えば二の腕の傷跡を隠すためにいつも長袖のシャツで隠したり、その部分を覆い隠すほどの大きなタトゥーを入れて傷を目立たなくする方も多く見受けられます。

当院ではこの度、これらの傷跡治療専用の医療レーザーを導入し、 全身のあらゆる箇所を治療できるようになりました。 今までひとりで悩まれていた方、他院で断られて治療できないとあきらめていた方も、どうぞお気軽にお問合わせください。

メリット
当院では、症状に合わせてレーザー治療や注入療法を複数組み合わせた複合の治療を行うことで、今まで消すことのできなかった傷跡の治療を可能にします。レーザーで色をなじませたり、皮膚表面を削ったりと、最適な治療方法をご提案できるのが当院です。
適応
・イレズミを消すため皮膚を切除した跡がかえって目立って悩んでいる
・傷跡を隠すため、いつも絆創膏を貼ったり長そでシャツを着て隠している
・傷跡の痕跡を他院で治療してもらったら、余計にひどくなった
・リストカットの傷跡を治したいが、治療が難しいと断られた

施術の流れ
<最新レーザー治療>
レーザーにも様々なタイプがあり、傷跡にも様々なタイプがありますので一番効果の高い組み合わせを医師が判断します。傷跡の種類によっては手術では改善が期待できないものにも効果が出せます。また、身体への負担が比較的軽いのも大きなメリットです。

<保存治療>
保存治療ではステロイドによる治療が中心となります。その他に内服薬も使用します。圧迫療法、テーピングも併用します。
手術直後や比較的経過が短い(概ね術後6ヵ月以内)赤く、軽く盛り上がった傷跡には有効で、むしろ術後のフォローとして使うことが多いです。ただ、経過が長い白い傷、へこんだ傷跡には無効です。問題として、保存治療は時間がかかり、テーピングなど患者さんにも結構手間がかかります。ただその割には効果が限定的ですので、術後のフォローやレーザー治療との併用治療として用います。

<手術>
手術治療形成外科の歴史で、傷跡の手術は特別な位置を占めています。手術法、理論等古くから研究されており傷跡が残らないように手術を行うことは形成外科の基本です。傷跡の手術は原則傷跡を切除し、その後目立たないように縫い合わせます。この時皮膚の伸展性を利用して皮膚のやりくりをし、傷跡に緊張がかからないようにすることもあります。したがって、皮膚に量的余裕のない傷跡や部位、切除範囲が広すぎる場合などはレーザーの方が安全で効果的です。また、小さく密集している傷跡等の条件であると手術は向いていません。

料金
お問い合わせください。

症例写真を見る



トップページへ戻る
ジョウクリニック
採用情報
各院の紹介
各専門サイト
よくあるご質問
プライバシーポリシー
免責事項
トップページ



Copyright(c)2010
JoeClinic Allrights reserved.