鼻骨骨切り術|ジョウクリニック
鼻骨骨切り術
余分な骨を削って どっしりと重たい鼻の印象をすっきりさせる
最近は日本でも鼻の高い人が多くなってきました。しかしながら大きすぎる場合は逆にどっしりと重たい印象を作ってしまい、それがコンプレックスになることがあります。その場合、鼻骨骨切り術で骨を削る、もしくは切ることで鼻を小ぶりにし、格好のよいラインに仕上げることができます。鼻筋の途中に段があって鼻骨の下方が出っ張っている、いわゆる「段鼻」や、魔女のような印象の「ワシ鼻」の修正も可能です。また、太い鼻筋、曲がった鼻筋(斜鼻)は鼻骨の処理により修正することができます。なお、すべての手術は鼻の穴の中からアプローチするので、傷跡が見えることはありません。

メリット
大きすぎる鼻が小ぶりなサイズに
中からの手術で傷が見えない
適応
鼻が大きいコンプレックスを持っている
段鼻、ワシ鼻の悩み
鼻が曲がっている


施術の流れ
段鼻などの凸部がわずかな場合は鼻骨削りだけですみますが、大きな場合は骨を切り
、まっすぐに整えていきます。また、細い鼻スジを好まれる場合には、
ごく薄いプロテーゼや自家軟骨の移植をすることで鼻筋をよりすっきり通すことができます。
?鼻の中から切開し、骨膜下を剥離。骨の形を確認します
?凸部が軟骨の場合は軟骨をメスで切除し、骨の場合は専用のノミで削っていきます
?鼻筋を通したい場合は外側を削りながらラインを細く仕上げます
?骨の形が整ったら、切開部を縫合して終了

料金
詳しくはお問合せください

症例写真を見る



トップページへ戻る
ジョウクリニック
採用情報
各院の紹介
各専門サイト
よくあるご質問
プライバシーポリシー
免責事項
トップページ



Copyright(c)2010
JoeClinic Allrights reserved.