目頭切開法|ジョウクリニック
目頭切開法
蒙古ヒダをなくし、 小さな目、離れている目の印象をなくす
東洋人に多い目の内側の蒙古ヒダ。皮膚が目頭上にかぶさってしまうことにより、目が小さくなってしまいます。目頭の横の皮膚を引っ張って、赤い粘膜が出てくる方は、目頭切開をすると目の幅を広げることができます。目の縦幅は二重のライン変更で可能になりますが、さらに目を大きな印象に見せたい場合、この目頭切開法を用いて横幅を広げていきます。横幅を広げる方法は目頭切開と目尻切開になりますが、一人ひとりの目の形、希望に合わせて手術方法を決定していきます。

目頭切開後の修正について
まれに目頭切開をして目がきつくなってしまったので元に戻したいという方がいらっしゃいます。たとえ以前よりも目がきれいになっていても、ご自身が好きではない目であると大変悩まれます。
予想と結果が違うとこのようなことが起こり得ますので、施術の際には十分に検討して、デザインは担当ドクターに納得いくまで相談してください。
JOEクリニックでは長年の施術実績によるノウハウがあります。状況にもよりますが、修正可能な場合もありますので、諦めずにご相談ください。

メリット
二重の手術と併用することで、目をより 大きく見せることができる
生来の二重のような自然な仕上がり
従来の手法でありがちだった術後の傷が、 盛り上がりがないよう、施術法を工夫
適応
目と目の間が離れている
蒙古ヒダが張っていて冷たい顔つきである
目が小さい(横幅)
切れ長な印象の平行型二重にしたい


施術の流れ
目頭切開にはさまざまな手法がありますが、
一人ひとりの希望に合わせて手術方法を選択します。
ポイントはできるだけ傷を外に見えないようにする(内側に入れる)こと。表に出ていても二重のラインや目の下のシワに合わせて目立たない傷に仕上げることが重要です。 また、皮膚を引っ張りすぎると術後に傷が開きやすかったり、盛り上がったり瘢痕になってしまうことがあるので、靭帯を縮める手術もして皮膚だけを引っ張ったり寄せたりしないようにします。

料金
目頭切開法
210,000円

症例写真を見る



トップページへ戻る
ジョウクリニック
採用情報
各院の紹介
各専門サイト
よくあるご質問
プライバシーポリシー
免責事項
トップページ



Copyright(c)2010
JoeClinic Allrights reserved.