目尻切開法|ジョウクリニック
目尻切開法
もっと大きな目を目指したい
目頭切開法は蒙古ヒダの処理であるため、蒙古ヒダがない人が目の幅を大きくしたいと考えたときにはこの 目尻切開法をおすすめします。目頭切開法を行っている人が、もっと効果を上げるために受ける方もいます。

目尻の幅について
目尻切開を希望する方の中には、「5ミリほど幅を広げたい」とオーダーされる方もいらっしゃいますが、あまり過度に切開すると、目尻に結膜の赤いところが見える結果となってしまいます。
つまり、目尻切開には限界があるということですが、二重まぶたや目頭切開の施術と併用しながら、バランスのいい目元に仕上げることをおすすめします。
以前は切開部分が目立つ割には変化が少ないということで避けられてきた目尻切開手術ですが、JOEクリニックでは、手術方法を改良することによって傷の心配もほとんどなく、戻りも少ない方法を実現しました。

メリット
目の幅を広く見せることができる
傷が目立たない
従来の手法でありがちだった術後の傷が、 盛り上がりがないよう、施術法を工夫
適応
切れ長の目にしたい
蒙古ヒダがなく目頭切開ができない
目頭切開をしたがさらに目の幅を広げたい


施術の流れ
目頭切開法と同様に、目尻切開法にも様々な手法があります。
希望の大きさ、角度、目頭の丸さ・鋭さに合わせて、
目尻にWを横にしたようなデザインを施し、切開。
中央にできた三角の部分を引っ張って縫合します。
目尻の横にWを横たわらせたようなデザインを施し、切開します。
切開してできた三角皮弁の先端と外眼角部位の粘膜を合わせ、縫合します。

料金
詳しくはお問合せください

症例写真を見る



トップページへ戻る
ジョウクリニック
採用情報
各院の紹介
各専門サイト
よくあるご質問
プライバシーポリシー
免責事項
トップページ



Copyright(c)2010
JoeClinic Allrights reserved.