眉毛下皮膚切除術|ジョウクリニック
眉毛下皮膚切除術
上まぶたの腫れぼったいタルミをなくす 目元のリフトアップ術
上まぶたのタルミにより皮膚が垂れ下がってくると、眼が小さく見えてしまいます。また、強いタルミは 視界をさえぎってしまう場合もあります。そこで、眉毛の下のエリアの皮膚を部分的に切除し縫合するこ とでタルミをなくし、すっきりとした印象のまぶたにすることができます。施術時間は30分ほど。術後1 週間で抜糸をします。若干、傷跡が残りますが眉毛のラインに沿っているので、縫合線に沿ってメークま たはアートメークを入れることで、カモフラージュできます。

上まぶたのタルミが二重まぶた手術の妨げに
二重には一般的に「平行型」と「末広型」の2種類があり、平行型の二重は華やかな印象を与え、末広型の二重は、控えめな二重といった印象を与えます。最近では、モデルやタレントの影響もあって、外国人のような印象を作る平行型の二重のほうが人気です。
平行型を好む多くの人は「二重にしたい=目を大きくしたい」と、オーダーされます。しかし、二重にしたからといって目が大きくなるとはいえません。
まぶたの上のタルミが多いまま幅の広い二重を作ると、逆に眠たそうな目になってしまったりします。そのため、ある程度年齢を重ねられている方が二重まぶたの整形を希望されるときには、眉毛下皮膚切除術や他のリフトアップ術などの 施術を併用して行うことをおすすめします。上まぶたがすっきりした状態で施せば、 美しい二重のラインが描けます。

メリット
腫れぼったい目の改善
加齢によるタルミの引き上げ
目尻が引き上がり、若々しい印象に
適応
一重や奥二重で目が
腫れぼったく見えてしまう方
まぶたのタルミにより
視界がさえぎられている方
加齢によるタルミが気になる方
まぶたのタルミにより二重が隠れてしまう方
目が小さく見えてしまう方


施術の流れ
デザインに沿って皮膚切開した後、余分な皮膚と脂肪を取り出し、縫合します。
?デザインを決めます。術後の生活で基本となる眉墨ラインに沿って切開していきますので、前もって好みの眉墨ラインを決めておきましょう
?デザインしたラインから7〜10ミリの切除幅で皮膚を皮下脂肪とともに眼輪筋上で切除します
?ていねいに止血した後、透明の糸で縫合していきます

料金
詳しくはお問合せください

症例写真を見る



トップページへ戻る
ジョウクリニック
採用情報
各院の紹介
各専門サイト
よくあるご質問
プライバシーポリシー
免責事項
トップページ



Copyright(c)2010
JoeClinic Allrights reserved.